看護師

癌は転移を起こす可能性があります|効果的な治療方法

放射線で行える治療

入院患者

がんの治療

一般的な癌治療は、外科治療、放射線治療、薬物治療で、それらを3大治療(標準治療)と呼びます。その中でも代表格と言える、放射線治療の歴史は1895年まで遡ります。レントゲン博士がX腺を発見したのが全ての始まりです。そこからX腺が皮膚障害を招くことがわかり、乳がんや舌がん、胃癌といったものの治療に早期の段階で応用されることになりました。また当初は悪性ではないニキビなどの皮膚疾患に対しても、X線治療が行われ一定の効果を発揮したとのことです。その後は、キューリー夫人がラジウムという放射線を発見し、それが癌治療に応用されることで、放射線治療の基礎が確立されていったのです。

明らかになった副作用

しかし放射線治療はメリットばかりではありませんでした。X腺やガンマ線といった放射線は、細胞内の遺伝情報に直接作用し、それを破壊することが、後々わかってきたのです。DNAなどの遺伝情報が破壊された細胞は、増殖することができません。特定の癌細胞にだけ作用するのであれば、放射線治療は非常に有効といえるでしょう。しかし癌は転移を繰り返すこともあります。最新の医学をもってしても、転移した癌細胞だけに作用させるのは難しく、正常な細胞へのダメージをゼロにすることは難しいといえます。主に放射線を当てた場所を対象に、治療中から数年後の長いスパンにわたり、皮膚疾患や免疫力の低下などの症状に見舞われることがあります。それでも3大治療と並び、癌治療には高い効果を発揮しています。今後の課題は、いかに副作用の点を改善していくかということです。

効果を最大限に利用

マスクをつけた女性

放射線治療を行うときは肌が常に清潔の状態で受けることが大切です。放射線治療はがん細胞が小さくなることが目的なのです。手術をする時には切除の範囲が狭いと傷が浅くで済むからです。これからの生活に大きく関係してくることなのです。

詳しく読む

その定期検査が命を救う

女医

がん患者が最も恐れるのは転移や再発です。それは不安や恐怖心との闘いで、検査の結果を聞くまでは毎回落ち着かない時間を過ごします。辛いことですが転移を防ぐ、また早期に発見するには定期的な検査が欠かせません。がんの転移の仕組みを正しく知り、自分の身体と向き合っていくことが大切です。

詳しく読む

第4のがん治療

病院

免疫療法とは、三大療法と並び、第4のがん治療として注目される療法です。それは人間が本来もつ自然治癒力に、特異的もしくは非特異的に働きかけることで、がん細胞を排除しようとするものです。免疫療法を三大療法と組み合わせることで、高い抗腫瘍効果を発揮します。

詳しく読む