カウンセリング

癌は転移を起こす可能性があります|効果的な治療方法

効果を最大限に利用

マスクをつけた女性

肌の清潔感

放射線治療で工夫しておくと良い結果が出る方法があるのです。それは肌を常に清潔にしておくことです。どうしても夏場では汗をかきやすい時期です。放射線治療では前もって放射線科医師が治療をするための印を付けますが、これは照射した部位が目的の位置に合うようにつける印です。これに合わせて放射線治療度の度に同じ位置に照射する必要があるからです。少しでも放射線治療の位置がずれてしまうと目的としている細胞に当たりにくくなるのです。このことを避けるために肌を清潔にしておくと印は薄くならずに済むのです。汗により落ちないように印をつけていつのですが、皮膚は常に再生を繰り返しているのです。消え難いもので印をつけた時に肌の代謝で印が消えかかる時が稀にあるのです。

何もせず横になるだけ

放射線治療は照射することだけが目的です。横になり決められた時間横になっているだけで治療が行われているのです。時には照射部位があつくなる時があるのです。これは目的の細胞が照射により細胞が反応を起こしているからです。この反応というのはがん細胞が小さくなっていく時のことです。がん細胞の小さくなった状態を確認してクール数を決めていきます。その際患者さんは横になり眠っているだけなのです。その間に放射線治療は大きな役割を果たしているのです。結果として多くのがん細胞が消えていることを確認できるのです。放射線治療でがん細胞が小さくなると手術では広範囲に切除せずに済むのです。これは多くの患者さんが願っている効果なのです。